レースカーテンにも種類が沢山ある事はご存知でしょうか。
プライバシーレース、ボイルレース、エンブロイダリー・・・
刺繍柄やプリント柄、無地とデザインも様々です。


*ボイルレースとは、通常のレースの糸ではなく更に細い糸を使い平織りで織られたレースカーテンの事です。
 生地はツルツルした感触があります。生地幅も2m以外に3mの幅の生地もあるので、ハイサッシでも継ぎ目のないレースを作る事が可能です。

レースもドレープカーテンを選ぶ時と同じように、沢山に中から選べられるのです。
通常レースカーテンとドレープカーテンを2重吊りする家庭が多いと思ういますが、
そうなると2枚の相性も大事になってきます。
無地のドレープに、柄物のレースも素敵です。
ドレープと同柄のレースがあるタイプもあります。
もちろん無地同士で合わせてもいいです。
手前にデザイン物のレースを吊って、奥にドレープを吊るフロントレースと言うのも素敵です。
こうすることによって、気に入って選んだレースも一日中目にする事が出来るのです。

そして、今レースにも様々な機能がついてきます。
レースを選ぶ際、何が一番重要視されるのでしょうか。
ドレープを選ぶ際は、柄は別として遮光機能があった方がいいのか、いらないのか・・・
と言う判断で選べますがレースはそう簡単にはいきません。
ただ、安くて普通のレースを探している方は、気にする必要はありません。


様々な機能とはなんでしょうか。
例えば、外から中が見えるのが気になると言う方にはミラーレースをおすすめします。
しかし、ミラーレースは外からの光も多少遮ってしまいますので、選ぶ際は注意が必要です。
最近は、消臭機能がついていたり、防カビ、遮熱、花粉キャッチなどあります。
デザインももちろん大事ですが、オーダーカーテンならではの各メーカーさんが出している
機能レースを使ってみるのも新しい発見があっていいのではないでしょうか。